佐藤可士和の経歴は?くら寿司浅草roxと新ロゴが江戸風に!?

テレビ

こんばんは、
ほしいもです!

4月1日放送のカンブリア宮殿に、
クリエイティブディレクター佐藤可士和さんが紹介されます!

佐藤可士和さんを、ほしいもは知りませんでしたが、とっても有名な方なんですね!!

調べると、ユニクロ、楽天、セブン-イレブンなど、
名だたる企業のブランドロゴをデザインや、
ブランディングをされているんですね!

今回は、斬新なアイディアが素敵だと感じた、
くら寿司の新ロゴデザインや監修をされた
「くら寿司浅草ROX店」について書いていきます!

スポンサーリンク

佐藤可士和の経歴

出典 https://kashiwasato2020.com/profile/

1965年東京生。
1989年、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。
卒業後、株式会社博報堂へ入社。
1996年、ホンダのミニバン「ステップワゴン」のブランディング
2000年、独立。株式会社「SAMURAI」設立。
2007年、2008年、明治学院大学、多摩美術大学で客員教授を務める。
2016年、文化交流使に就任。

その他、セブンイレブンなど、数多くのブライングプロジェクトを手がけています。

毎日デザイン賞、日本パッケージ大賞金賞、東京ADC賞グランプリなど、様々な賞も受賞されています。

スポンサーリンク

くら寿司の新しいロゴをデザイン

佐藤可士和さんは昨年、くら寿司の新しいロゴをデザインされています。

これまで、くら寿司のロゴは、日本、アメリカ、台湾と、現地の親しみやすさを意識して
あえて統一していなかったそうです。

2020年は、東京オリンピック開催で、
来日外国人観光客の最大化が予測されていたため、
今後のグローバル展開に向けて、デザインの統一化をされました。

デザインされたロゴは、日本伝統の江戸文字をベースに現代的に表し、アルファベットの「KURA」を組み合わせてあります。

出典 https://www.axismag.jp/posts/2020/02/173943.html
ほしいも
ほしいも

新ロゴの方が、より日本らしさ、和風感が出ています!
アルファベットがあることで、海外の人でも一目で「くら寿司」だと認知できそうですね。

また、新たに開発したくら寿司の紋章は、
蔵を見て「中には何があるんだろう」とワクワクして夢が膨らんだ思い出から、
夢や楽しみを持って来店してほしいと、「くら寿司」という屋号を掲げた田中邦彦社長の思いを継承し、「く」「ら」の文字をモチーフに蔵に用いられるなまこ壁のイメージを踏襲してデザインしています。

出典 https://www.axismag.jp/posts/2020/02/173943.html

日本の食文化のクオリテイや楽しさ、素晴らしさを世界に届けていく第二創業にあたり、創業精神を忘れないというくら寿司の決意を、この紋章に込めているそうです。

スポンサーリンク

佐藤可士和が手掛けた『くら寿司浅草ROX店』

出典 https://www.axismag.jp/posts/2020/02/173943.html

昨年、2020年1月21日に『くら寿司浅草ROX店』がオープンしました。
内装も、クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんが監修されています。

こちらのお店は、訪日外国人観光客により日本の文化を楽しんでもらうことを目的に設計され、今までのくら寿司のイメージとは全く違う作りになっています。

出典 
https://www.kurasushi.co.jp/topic/001037.html

店内は、江戸時代の日本の「祭り」をイメージ。
柱やテーブルには白木を、各座席には畳のシートを使用し、
壁には浮世絵や提灯が装飾されています。
和のぬくもりを感じられる空間を現代的に表しています。

ほしいも
ほしいも

「江戸時代の祭り」と言う発想が面白いですよね!

「祭り」と聞くだけでワクワクしてきちゃいます!

お祭りに由来し、なんと、店内には輪投げや射的ができるアミューズメントスペースがあります!
くら寿司おなじみの、5皿で1回できる「ビッくらポン!」で引換券の入ったアタリカプセルを引くと、これらのゲームに挑戦することができるそうですよ。

スポンサーリンク

まとめ

  • 佐藤可士和さんは、超有名なクリエイティブディレクター。
  • 様々な有名な企業のログをデザイン。
  • 最近では、くら寿司の新ロゴをデザインしている。
  • 斬新なアイディアのある、『くら寿司浅草ROX店』が話題に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました